ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
47日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県は批判に説明と謝罪を

市民団体、抗議署名269人分提出 「まじめえひめ」動画

2020年3月26日(木)(愛媛新聞)

プロジェクト中止や謝罪を求める署名を、県プロモーション戦略室の広井久典主幹(左)に提出する土井利彦代表=25日午前、県庁

プロジェクト中止や謝罪を求める署名を、県プロモーション戦略室の広井久典主幹(左)に提出する土井利彦代表=25日午前、県庁

 県が昨年4月から展開するPR戦略「まじめえひめ」について、大学研究者や県民らでつくる「自治体PR戦略を考える市民の会」は25日、プロジェクトの中止や謝罪を求める269人分の署名を中村時広知事宛てに提出した。

 同会は署名を募るため3月に発足、8日からインターネットで署名を集めていた。土井利彦共同代表(73)や武井多佳子県議ら5人が県庁を訪れ、「(批判があった動画を)ユーモアだと一蹴するのではなく、説明と謝罪をする場を設けてほしい」と要望。「女性への抑圧や、権力には逆らわない風潮を行政が輪をかけて強めるべきでない」とした。署名を受け取ったプロモーション戦略室の広井久典主幹は「知事に伝える」と回答した。

 同プロジェクトは「介護・看護時間が長い」「独身女性が多い」などのデータから「愛媛県民はまじめ」としたことに対し、全国から批判が集中。行政主導で県民に「まじめ」の価値観を押しつけることを問題視する声もあがっていた。

    インターネット 総合情報サイト

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。