ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
64日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型コロナウイルス

愛媛県内初感染者か 簡易検査で陽性

2020年3月2日(月)(愛媛新聞)

入室を禁止する貼り紙が掲示された県健康増進課の入り口=1日夜、県庁

入室を禁止する貼り紙が掲示された県健康増進課の入り口=1日夜、県庁

 国内で新型コロナウイルスの感染が広がる中、愛媛県立衛生環境研究所(松山市)が実施したウイルスの簡易検査で、南予の40代女性会社員から採取した検体に陽性反応が出たことが1日、関係者の話で分かった。女性にせきや発熱といった症状はなく、県は精密検査を行い陽性か陰性かの確認を進めている。精密検査で陽性と判定されれば、県内初の感染者となり、県は2日にも会見で説明する方針。

 複数の県関係者によると、女性会社員は2月15日、新型コロナウイルスに感染した高知市の30代の女性看護師や大阪府の40代の男性が行っていた大阪市のライブハウスを訪れていたという。この情報を受け、宇和島保健所が濃厚接触者として検体を採取し県衛研に送ったほか、家族らに症状の有無などを聞き取っている。

 高知県では1日、女性看護師の母親も新たに陽性と判明した。

 愛媛県の検査には、判定が早いが精度の低い簡易検査と、詳細が分かるが時間のかかる精密検査がある。精密検査の結果判明は2日早朝の見通し。県は「プライバシーへの配慮があり、(精密検査で)陽性と決定するまでは発表はできない」として検体を採取した人物の性別や年齢、職業、住所などは明らかにしていない。

 県は1日午後、県庁で中村時広知事も出席する緊急の部局長会を開き、対応を協議。保健福祉部がある県庁第1別館では職員が慌ただしく行き来し、担当課の出入り口扉に「入室はご遠慮ください」などと記載された紙が掲示された。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    サクッと光

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。