ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
530日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

深化成長 FC今治新戦力

<5>DF 近藤高虎(22)=前流通経大 地元出身 1対1自信

2020年2月29日(土)(愛媛新聞)

 

 その名前から今治城の初代城主、藤堂高虎を連想するサポーターも多いだろう。「よく言われるけど、ありがたい話だと思っている。気軽に『とら』って呼んでほしい」。プレースタイル同様のエネルギッシュな声でアピールする。

 今治市出身で波方小時代にサッカーを始めた。新田高では主将として34年ぶりのインターハイ出場に導いた。流通経大に進学し、昨季まで2年間は日本フットボールリーグ(JFL)の流通経大ドラゴンズ龍ケ崎の主力として活躍。何度も対戦したFC今治は「プレーやスピードのレベルが高く、厳しい相手だった」。加入後はそのレベルに追い付くため、日々の練習に真剣な表情で取り組む。

 主戦場は左サイドバック。豊富な運動量で積極的に顔を出し、1対1の対応にも自信を持つ。目標とする選手は西条市出身で海外のビッグクラブに駆け上がった長友佑都。「長友さんは体幹の強さが桁違い。参考にしたい」という。

 地元選手としてサポーターの期待の高さを感じている。「しっかり試合に出て、勝利に貢献できるように頑張るので、応援し続けてほしい」と自信をみなぎらせる。

=おわり

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。