ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
66日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

新型肺炎感染拡大を受け

県内のイベント中止・延期 さらに

2020年2月28日(金)(愛媛新聞)

 新型コロナウイルスの国内感染拡大を受け、県内ではイベントの中止や延期などが相次いでいる。愛媛新聞の27日までのまとめでは、少なくとも50件に影響が出ている。今後、県内で感染者が確認されれば、さらに影響が拡大する恐れがある。

 県眼科医会と愛媛大医学部眼科学教室は3月1日に松山市のいよてつ高島屋で公開講座「緑内障からあなたの目を守るために」の開催を予定していたが、2月21日に中止を決定した。主催者代表の愛媛大大学院医学系研究科の溝上志朗准教授(49)は「非常に残念で苦渋の決断だったが、重症化しやすいとされる高齢の参加者が多いことや会場の換気が難しいことなどから判断した」と話した。

 宇和島市の旧宇和海中学校などで3月1日開催予定だった第5回うわうみだんだんマラソン・ウォーク(実行委員会主催)は2月26日に中止を決定。

 県は29日に松山市堀之内の市民会館で開催予定の「愛顔(えがお)感動ものがたり」の表彰式の規模を縮小する。一般客の入場を取りやめ、受賞者や招待者ら150人程度で実施する方針。国内外から心温まるエピソードや写真を募集する事業で、例年約1200人が来場していた。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    サクッと光

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。