ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
44日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

感染拡大時 国基本方針に苦慮

新型コロナウイルス 県内病院、態勢確保「限界ある」

2020年2月27日(木)(愛媛新聞)

 新型コロナウイルスによる肺炎患者が大幅に増えた地域では、一般医療機関でも感染が疑われる人を受け入れることなどを盛り込んだ方針を政府が示す中、県内の一般医療機関からは26日、施設のハード面の課題から態勢確保に苦慮する声が聞かれた。

 従来は、県内で感染者が確認された場合、室内の空気が漏れない専用病室のある第1、2種感染症指定医療機関(9病院計24床)に入院する予定だった。しかし新たな方針によると、診療時間や動線を区分するなど感染対策を講じた上で、一般医療機関で外来対応を行う可能性が出てきた。

 松山市のある病院の担当者は「マニュアル通り保健所につなぐことしかできない」と吐露する。「隔離できる部屋は用意できず、受付窓口が一つで、外来フロアを仕切ることも難しい」ためで、受け入れは困難との見方を示す。

 東予のある病院も「圧力を管理できる病室がないため、一般患者とフロアを丸ごと分けるといった対応になるだろうが、病院としては正直厳しい」と説明。「現実的にどこまでやれるのか議論せねばならない」とし、情報収集に努めながら対応を検討する考えだ。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    インターネット 総合情報サイト

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。