ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
331日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

卒業式、人数や時間制限

新型コロナウイルス感染拡大 県立校の対応方針、県教委が通知

2020年2月27日(木)(愛媛新聞)

 全国各地での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、愛媛県教育委員会は26日、県立学校の卒業式について参加者を制限したり時間を短縮したりする対応方針を示し、高校や中等教育学校に通知した。生徒や教職員に感染者や感染疑いの人がいない場合は予定通り行い、会場の椅子の間隔を空けて参加者間のスペースを確保するなどの対策を図るとしている。

 県教委によると、卒業式には卒業生、教職員、保護者が参加し、在校生は代表者のみで来賓の出席は最小限とする。卒業証書授与は代表者のみに限るなどして式典の時間を短くする。

 生徒や教職員に感染者などがいる場合は式を中止。卒業証書は郵送などで対応する。

 卒業式は3月1日に高校全日制52校、定時制10校、中等教育学校3校、特別支援学校高等部8校が実施予定(分校含む)。同3日に特別支援学校1校、8日に高校通信制1校でも式が予定されている。

    ※新型コロナウイルス関連情報はこちら

    ジョブカード
    愛媛県職員採用試験
    インターネット 総合情報サイト

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。