ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
44日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全進上昇 愛媛FC新戦力

<7>DF 吉田晴稀(18)=前帝京長岡高 1対1強く プレー冷静

2020年2月26日(水)(愛媛新聞)

 

 今冬の全国高校選手権で帝京長岡(新潟)をベスト4に導いた立役者。準決勝で敗退した後、約1週間で愛媛に引っ越し、目まぐるしくプロ生活が始まった。環境の変化にも「不安はあまりない。若手が活躍すればチームも勢いに乗れるので、練習から頑張る」と落ち着いた語り口が印象的だ。

 その冷静さはプレーでも。機を見てスピードアップし、流れるように前線に駆け上がって、攻撃に加わる。右のウイングバックが主戦場だが、高校で右サイドバックやセンターバックも経験し「プレーの幅が広がった」と語る。

 23日の開幕戦ではベンチ入り。出番はなかったものの、戦力として認められていることを示した。この試合では、同い年のDF三原が途中出場し「刺激がたくさんあった。どれだけ自分が通用するか早く試したいし、チームに貢献したい」とポジション争いに食らいつく覚悟だ。

 「高校年代では負ける気がしなかった」という1対1の強さが持ち味だが、駆け引きやクロスの精度は「もっと磨かないと試合に出られない」。武器を増やすべく、ルーキーイヤーの飛躍を誓う。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。