ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
44日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with 愛媛FC

成長 長沼洋一

2020年2月23日(日)(愛媛新聞)

個人、チーム共に「結果」を強く求める長沼洋一=19日、松山市菅沢町

個人、チーム共に「結果」を強く求める長沼洋一=19日、松山市菅沢町

 内容と結果がリンクしなかった昨季の19位。今季こそは結果を出したいと全員が思っているだろう。特に長沼洋一はゴール、アシストの数字にこだわる。「自分が愛媛FCを引っ張る。貪欲に得点も取りたい」と、より強い決意で臨む。

 昨季は右のウイングバックで33試合に出場。切れ味鋭いドリブルで多くのチャンスに絡んだが、0得点に終わっている。

 開幕を前に、川井監督から言われた言葉がある。「お前が点を取らないと勝てない」

 数字を残すことがアピールになる。東京五輪出場に可能性を残す長沼を思っての言葉だった。「いい仕掛け、いいクロスだけじゃなくて、試合を決定づけるものが必要」と川井監督。それはチームを勢いづかせることにもつながる。練習では左サイドでも起用するなど、昨季以上に高い要求を課している。

 長沼自身、気負いや重圧はないが「それくらいの気持ちで臨めということ」と期待を受け止める。J1広島からの期限付き移籍を延長したのも、試合に出て成長し続けるため。

 「結果を出し続けていれば(五輪出場の)チャンスはある。目の前の1試合にしっかり取り組んで、いいプレーを心掛ける」。勝負の1年がきょう、幕を開ける。

    関連・チーム名鑑

    キーワードで関連記事を検索できます

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。