ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
330日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

給食費助成は廃止

宇和島市 子ども医療費、21年度無料化

2020年2月20日(木)(愛媛新聞)

 宇和島市は19日、2021年度から小中学生の医療費を無料化する方針を示した。20年度当初予算案に関連事業費として186万円を計上。無料化実施に合わせ、小中学生の給食費の一部助成制度を20年度末で廃止する見通し。

 市によると、小中学生の通院費は現在、月額3千円まで自己負担。歯科の通院医療費は18年8月から全額無償としている。給食費補助は現在、宇和島南中等教育学校を含む全小中校で1食100円を助成している。

 市は市総合戦略の第1期(15~19年度)の完了にあたり、第2期策定に向けて各事業を精査。給食費の一部助成を廃止し、新たな保護者の経済的負担軽減策として医療費を無料化する方針を固めた。

 市と市教育委員会によると、20年度の給食費補助対象は約4230人で、事業費7730万円と想定。21年度から医療費を無料化した場合の予算は7千万円と見込む。

 市は4月以降、システム改修や受給資格者証の準備を進めるほか、チラシを作成して制度周知を図る。岡原文彰市長は19日の記者発表で「(給食費など)口に入るものについては家庭に負担していただき、行政は代わりとなるサービスをするべきだ」とし「子どもの健康や安心安全を担保するために(医療費無料化を)優先した」と述べた。

    ジョブカード
    愛媛県職員採用試験
    インターネット 総合情報サイト

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。