ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
923日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

東予初 来春目指す

新居浜で歯科衛生士養成 河原学園が学科新設

2020年2月20日(木)(愛媛新聞)

歯科衛生学科が新設される河原ITビジネス専門学校=19日午後、新居浜市坂井町1丁目

歯科衛生学科が新設される河原ITビジネス専門学校=19日午後、新居浜市坂井町1丁目

 新居浜市坂井町1丁目の河原ITビジネス専門学校に、歯科衛生士を養成する学科が新設されることが19日までに分かった。東予初の歯科衛生士養成施設として、2021年4月の新設を目指している。

 複数の関係者によると、3年課程の歯科衛生学科で、1学年の定員は24人。河原学園(松山市)が運営し、新居浜市歯科医師会などが講義や実習で支援する。既存校舎の一部を改修して対応する。総事業費約1億5千万円。県は20年度当初予算案に施設整備への補助金約6千万円を計上した。河原学園は県に計画書などを提出後、9月ごろから学生募集を始める予定。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    国税調査2020

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。