ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
218日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

昨年より7日早く

四国地方で春一番 全国トップ切り

2020年2月13日(木)(愛媛新聞)

春の訪れを告げるかのように咲き始めている伊予豆比古命神社のツバキカンザクラ=13日午後、松山市居相2丁目

春の訪れを告げるかのように咲き始めている伊予豆比古命神社のツバキカンザクラ=13日午後、松山市居相2丁目

 高松地方気象台は13日、四国地方で12日に「春一番」が吹いたと発表した。全国で最も早く、昨年より7日早かった。

 気象台によると、12日午後から13日明け方にかけて低気圧が日本海を東北東に進み、四国では低気圧に向かう南よりの風が吹き、太平洋側を中心に10メートルを超える風が吹いた場所もあった。

 松山地方気象台の説明では、愛媛県内は12日夜~13日未明をピークに強い風が吹き、12日午前0時~13日午前6時の最大瞬間風速は伊方町瀬戸で19.2メートル、大洲市長浜で14.5メートル、愛南町御荘で13.2メートル、西予市宇和で10.7メートルを記録。高知県の室戸岬では25.0メートルを観測した。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。