ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
123日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛マラソン

「厚底シューズ」愛媛でも 上位入賞男子 着用率高く

2020年2月10日(月)(愛媛新聞)

愛媛マラソンでも、トップ集団の多くが着用したナイキの「厚底シューズ」

愛媛マラソンでも、トップ集団の多くが着用したナイキの「厚底シューズ」

 駅伝やマラソン大会を席巻する米スポーツ用品大手ナイキの「厚底シューズ」。その波は愛媛マラソンにも到来し、多くのランナーが相棒に選んだ。上位入賞した男女各8人に確認すると、男子は7人が着用する一方、女子は2人にとどまり、男女で異なる傾向も表れた。

 厚底に炭素繊維のプレートを挟み込み、高いクッション性と反発力が特長。使用した男子選手は「やはり脚が楽。市民ランナーは練習量が少なく、脚がつくれていない状態なのでダメージを防げるのは大きい」と話した。

 「ゴールしたばかりだが、まだ走れる」など好意的な受け止めが多い中、「体幹の鍛えられていない中高生が履くと靴に走らされ、けがをする可能性が高まるかも」と警鐘を鳴らす意見もあった。

 厚底の効果を引き出すには筋力が必要とされ、女子選手の一人は「男子に比べて、合うか合わないかがはっきりしている」と分析。「故障が怖い」「普段履く靴の倍くらいの価格がする」などの反応のほか「ナイキ以外(の厚底)が出そろえば履こうと思っている。今は様子見」との声もあった。

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。