ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
328日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Eのさかな 大洲市「肱川あらし観光大使」の伍代夏子さん

[後編]愛媛の魚の美味しさを全国へ

2020年2月10日(月)(その他)

 「Eのさかな」は愛媛県の魚を中心に食・自然・観光などの文化を全国に紹介していきます。今回は愛媛県大洲市「肱川あらし観光大使」に就任されている伍代夏子さんに、名曲「肱川あらし」の制作秘話や魚にまつわる思い出について語っていただきました。

 

臥龍山荘でのPV撮影

臥龍山荘でのPV撮影

臥龍山荘でのPV撮影

臥龍山荘でのPV撮影

【まさか、あの肱川が…】

 私は、唄で全国各地を回っていて、近年の災害には本当に心を痛めています。2018年7月の豪雨災害では、まさか、あの肱川がという思いでした。特に臥龍山荘はプロモーションで撮影に使わせていただいていましたし、言葉にできない悲しみに襲われました。この年は、「長浜赤橋夏まつり」にご招待していただいていたのですが中止になり、心配な日々を過ごしていたところ、11月の「大洲まつり」に急遽出演が決まりました。被災者のお気持ちを汲み取ると、まだ早いかと思い悩みましたが、少しでもお役に立てればと思い歌わせていただきました。

 

【実は実家が魚屋さんでした】

 父が魚屋を営んでいまして、子供のころは、いつも食卓に魚がならんでいました。そのため、いつしか魚嫌いになり、晩ご飯の時間近くに、お肉屋さんの友達の家に行き、お肉をご馳走になることが度々ありました。お肉屋さんの友達も同じで、よく家に遊びに来てくれました。大人になり、しばらくすると魚を食べるようになり、今では、お刺身が一番好きです!

 また、主人が釣り好きで、淡路島へ釣行するのですが、1mもある魚を東京の家に送ってきて、捌くのが大変だから夫婦喧嘩になったことがありました。それからは、大きすぎる魚は再放流しているそうです(笑)。そうそう、明石の鯛を釣って来てくれたときは、「鯛そうめん」をつくります。淡路島では鯛を素揚げにしてそうめんに乗せるんです。みなさん、ぜひ一度お試しあれ!

 

「雪中相合傘」のCDジャケット

「雪中相合傘」のCDジャケット

「雪中相合傘」のCDジャケット

「雪中相合傘」のCDジャケット

【2020年の活動予定】

 1月1日にニューシングル「雪中相合傘」が発売されました。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 そして、5月に明治座でスペシャルコンサートと、9月に新歌舞伎座の公演があります。どちらも藤あや子さんと共演になりますのでお楽しみに!

 最後に、みなさん、魚は身体にいいので沢山食べてください。一時期、魚から離れていた、私が言うのも何ですが…。

 美味しい魚を食べたら、元気になるのでいっぱい食べましょう!

 

 「Eのさかな」は「さかな文化」を代表とする愛媛の食・暮らし・自然・文化などを取り上げ、分かりやすく情報を発信するフリーペーパーです。(提供:Eのさかな/佐川印刷)

    ジョブカード
    愛媛県職員採用試験
    インターネット 総合情報サイト

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。