ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山でセミナー

「がん 正しい理解を」 仁科亜季子さんが講演

2020年2月3日(月)(愛媛新聞)

4回のがんの経験を振り返った仁科亜季子さん=2日午後、松山市一番町3丁目

4回のがんの経験を振り返った仁科亜季子さん=2日午後、松山市一番町3丁目

 がんについての正しい知識や理解を深めるセミナーが2日、松山市のホテルであり、約300人が専門医やがん経験者の講演を通して最新の治療や患者・家族ができる情報収集の方法などを学んだ。

 がんに関する正しい知識の情報発信や、患者の就労問題のサポートに取り組む「愛 GIVER project」の一環で、四国がんセンターと愛媛新聞社が開催した。

 4回のがんを経験した女優の仁科亜季子さん(66)が「元気な明日のために」と題し特別講演。38歳の時、何げなく受けた検診で子宮頸(けい)がんが見つかった。幼い子のために「あと10年間はなんとか」と治療に臨んだ思いや、抗がん剤の副作用、術後の後遺症のつらさなどを振り返った。その後も胃や大腸の切除を経験し、体調と向き合いながら仕事に取り組む日々を語り「38歳の時、もっと早く検診をしておけばと思った。皆さんも年に1回は自分の体をチェックする日を作って」と話した。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。