ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
64日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Jの熱戦 先取り

あす2日、今治で「サッカーフェス」

2020年2月1日(土)(愛媛新聞)

J3鳥取との練習試合でプレーする愛媛FCの藤本ら=30日、北条スポーツセンター陸上競技場

J3鳥取との練習試合でプレーする愛媛FCの藤本ら=30日、北条スポーツセンター陸上競技場

J2新潟との練習試合で先制点を決め、仲間と喜ぶFC今治の有間(中央)=29日、春野総合運動公園陸上競技場

J2新潟との練習試合で先制点を決め、仲間と喜ぶFC今治の有間(中央)=29日、春野総合運動公園陸上競技場

J3鳥取との練習試合でプレーする愛媛FCの藤本ら=30日、北条スポーツセンター陸上競技場

J3鳥取との練習試合でプレーする愛媛FCの藤本ら=30日、北条スポーツセンター陸上競技場

J2新潟との練習試合で先制点を決め、仲間と喜ぶFC今治の有間(中央)=29日、春野総合運動公園陸上競技場

J2新潟との練習試合で先制点を決め、仲間と喜ぶFC今治の有間(中央)=29日、春野総合運動公園陸上競技場

 Jリーグの開幕を前に、県内2クラブによる「えひめサッカーフェスティバル2020」が2日、今治市のありがとうサービス.夢スタジアムで初めて開かれる。J2愛媛FC、J3FC今治のトップチームと女子チームの親善試合が行われ、新シーズンを盛り上げる。観戦無料。

 愛媛FC、FC今治の運営会社「今治.夢スポーツ」、愛媛新聞社の主催。親善試合のキックオフ時間は女子チームが午前11時、トップチームが午後2時。いずれも45分ハーフで行われ、公式戦さながらの熱い戦いが繰り広げられそうだ。両トップチームの現状や試合への思いを紹介する。

 

【愛媛FC 攻守切り替え注力】

 愛媛FCは1月9日の新チーム始動後、強度の高いメニューに取り組みつつ、定期的に練習試合を組み込んで、戦術を段階的に落とし込んでいる。

 1月中はフィジカルや攻守の切り替えを意識したトレーニングに注力。MF森谷、MF山瀬らベテランがボランチやシャドーで起点となり存在感をみせる一方、新戦力のMF忽那、DF三原ら若手もポジション獲得へ奮闘中だ。

 練習試合はこの1週間で3試合目。川井監督はFC今治戦を、ここまでの蓄積を内容、布陣ともに試す一戦にする考えだ。DF前野(松山市出身)は「チームのために一つになって戦える選手がそろっている。プライドを持ってしっかり戦いたい。絶対負けられない」と闘志を燃やす。

 

【定位置争い活性化 FC今治】

 FC今治は29日に高知市で行われた今季初の対外試合でJ2新潟に3―2で勝利。リュイス新監督のチームづくりは順調に進んでいると言えそうだ。

 紅白戦などでは現在、ベーシックな4―4―2の布陣を採用。MF上原をサイドバックで起用するなど、さまざまなポジションを試し、定位置争いの活性化を促している。新潟戦では、今季も10番を背負うFW有間(宇和島市出身)のほか、「常にゴールを決めることを考えている」と話すFW林、DF丁翰澈ら新加入選手が得点を挙げてアピールした。

 有間は「ボールを回される時間が増えると思うが、しっかり守備をして、攻撃でも自分たちのやりたいことを出す。勝ちにこだわる」と意気込みを語っている。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。