ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
226日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松山市役所訪問

競輪ヤングGP優勝 松本選手が精進誓う

2020年1月27日(月)(愛媛新聞)

競輪ヤンググランプリ2019を制した松本貴治選手(左)=27日午後、松山市役所

競輪ヤンググランプリ2019を制した松本貴治選手(左)=27日午後、松山市役所

 2019年末の競輪「GⅡヤンググランプリ(GP)」を制した愛媛県松山市出身の松本貴治選手(26)が27日、市役所を訪れ、梅岡伸一郎副市長に優勝を報告し、さらなる活躍を誓った。

 ヤングGPはデビュー3年以内の男子選手のうち、選考期間内の競走得点上位9人が出場する。昨年は12月29日に立川競輪場(東京)で行われ、愛媛勢として02年の渡部哲男選手(40)以来17年ぶり2度目の快挙となった。

 松本選手は梅岡副市長の祝福に礼を述べ「自分(の実力)はまだまだ」と謙虚に語った。「どんどん上を目指し、後輩を引っ張ってもらうと愛媛の競輪ファンも増える」と激励されると「愛媛のために頑張ります」と意気込みを述べた。

 面会後、松本選手はレースを振り返り「優勝を狙っていたのでうれしかった。今年は記念レース優勝を目標にしたい」と語った。松本選手は松山聖陵高出身で朝日大を経て17年7月にデビューした。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。