ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
224日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

愛媛駅伝 今治―松山大会

愛媛銀(女子)が終盤逆転 悲願の初制覇

2020年1月27日(月)(愛媛新聞)

両手を上げて初優勝のゴールテープを切る愛媛銀行のアンカー井手=松山市一番町4丁目の県議会議事堂前

両手を上げて初優勝のゴールテープを切る愛媛銀行のアンカー井手=松山市一番町4丁目の県議会議事堂前

 

両手を上げて初優勝のゴールテープを切る愛媛銀行のアンカー井手=松山市一番町4丁目の県議会議事堂前

両手を上げて初優勝のゴールテープを切る愛媛銀行のアンカー井手=松山市一番町4丁目の県議会議事堂前

 

 第70回愛媛駅伝競走・第16回駅伝選手権大会(愛媛陸上競技協会、愛媛新聞社主催、愛媛銀行特別協賛)は26日、今治市と松山市を結ぶ国道196号を中心としたコースで行われ、12チームが競った女子(5区間、17キロ)は、愛媛銀行が56分46秒で初優勝をつかんだ。エントリーしていた松山大と吉田浜クが棄権した。

 

 【女子レース経過】

 愛媛銀行が中盤以降に先頭を走る八幡浜高を追い上げ、最終5区で逆転勝利を収めた。3区山中が1分2秒あったトップとの差を20秒まで縮めると、4区竹内も区間賞の走りで流れをキープ。アンカー井手が終盤のスパートで勝負を決めた。

 八幡浜高は1区上田が区間タイをマークし、レースを引っ張ったが最後に力尽きた。

 

 ◆よく覆してくれた◆

 【女子1位の愛媛銀行・小林史和監督の話】1区で想定以上に差が開いたが、全員が最後まで戦い良い形で勝つことができた。アンカーに渡った時は厳しいと思ったが、よく覆してくれた。選手には優勝を自信につなげてほしい。

 

 【唯一の実業団存在感 創部以来の成長が結実】

 愛媛銀行メンバーの思いはただ一つ「優勝」だった。県内唯一の女子実業団としての責任を果たすべく結束した選手たち。最終盤の逆転劇で2016年の女子陸上部創部以来、初の駅伝タイトルを獲得し、県内女子陸上界に存在感を示した。

 松山大や八幡浜高の実績ある学生チームの後塵(こうじん)を拝した過去2大会。悔しさを晴らそうと臨んだこの日も、スタートから飛び出した八幡浜高に2区を終え1分強の差をつけられたが、小林監督が「後半勝負」と送り出した3~5区の3人が好走した。

 3区山中は「最初は焦りもあったけど、少しずつ先頭が近づいてきて、頑張れば優勝できると思った」。昨年の全日本選手権3000メートル障害5位と急成長を遂げるルーキーが猛追をみせると、続く竹内も6秒詰めて先頭を射程圏に捉えた。

 アンカー井手は残り1キロを切った地点でラストスパート。「苦しさは、優勝シーンを想像すると吹き飛んだ」と力を振り絞り、ゴール直前で一気に抜き去った。

 茨城国体成年女子1500メートルで竹内が2位、この日1、2区を走った正井、大城はそれぞれ愛媛マラソンを制するなど個々に実績を築いた選手が一丸で勝ち取った初優勝。喜びに浸りながら竹内は「(この結果も)過程の一つ」と気を引き締める。実業団として目指すのはさらなる高み。「学生選手が憧れる存在に、愛媛の駅伝といえば愛媛銀行と言われるように」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。