ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
111日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

松前町

女子ホッケー実業団選手がコーチ 小中高生ら技を習得

2020年1月25日(土)(愛媛新聞)

南都銀行の選手(左)のアドバイスを受けながらドリブルの練習をする参加者=25日、松前町鶴吉

南都銀行の選手(左)のアドバイスを受けながらドリブルの練習をする参加者=25日、松前町鶴吉

 女子ホッケーの日本代表候補選手らが所属する実業団チーム「南都銀行SHOOTING STARS」(奈良)を招いたイベントが25日、愛媛県松前町鶴吉の町国体記念ホッケー公園であった。町内外の小中高校生ら男女約110人が技の習得に励んだ。

 町主催で、選手5人を講師に迎え、楽しみながらホッケーに触れる小学生の部と、競技力向上を目的とした中高校生の部に分かれて実施した。

 中高校生の部では、男女別、年代別にドリブルやパス、シュートなどの実践的なメニューに取り組んだ。参加者は、相手の動きとボールを同時に把握するために広い視野を意識することや、力強いシュートを打つときの体の使い方など、選手から細かい指導を受けながら熱心に練習に励んでいた。

 松前ホッケークラブ主将の叶響喜さん(14)=松前中2年=は「トップレベルのスキルが見られた。教わったことを日々の練習にも取り入れていきたい」と気合が入った様子だった。

 2月3~14日には、男子ホッケー日本代表が同ホッケー場で東京五輪の強化合宿を行う。町では期間中、学校訪問や選手による教室を予定している。

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。