ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
217日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

政府調査委が30年内確率公表

南海トラフ地震津波 愛南3メートル超26%以上

2020年1月25日(土)(愛媛新聞)

 

 政府の地震調査委員会(委員長・平田直東京大地震研究所教授)は24日、今後30年以内に南海トラフ沿いでマグニチュード(M)8~9クラスの地震が発生し、海岸の津波高が3メートル以上、5メートル以上、10メートル以上になる確率を公表した。愛媛県愛南町の一部で、木造家屋が流失や全壊が生じる目安となる3メートル以上の津波が襲来する確率が非常に高い「26%以上」となり、南予の宇和海沿岸で確率が高くなっている。

 調査委によると、地震発生の長期評価に基づいた津波の確率評価は初めて。確率は、26%以上(非常に高い)▽6~26%未満(高い)▽6%未満―の3段階で、「30年以内に26%」という確率は100年に1回起きる。東北から九州の沿岸352市区町村を調査した結果、3メートル以上の津波襲来の確率が「26%以上」は71市区町村だった。

 県内では、3メートル以上の津波の確率は愛南町が最も高く「6~26%未満」で、一部は「26%以上」。宇和海に面した八幡浜、伊方、西予、宇和島の4市町がいずれも「6%未満」または「6~26%未満」だった。伊予灘沿岸は八幡浜市と伊方町で「6%未満」で、伊予灘に面する他の9市町はいずれも「6%未満」だった。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。