ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
219日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

J3

FC今治始動 27選手、新体制初練習

2020年1月19日(日)(愛媛新聞)

今シーズンの初練習に取り組むFC今治イレブン=夢スタ

今シーズンの初練習に取り組むFC今治イレブン=夢スタ

今季のFC今治を指揮するリュイス新監督=夢スタ

今季のFC今治を指揮するリュイス新監督=夢スタ

今シーズンの初練習に取り組むFC今治イレブン=夢スタ

今シーズンの初練習に取り組むFC今治イレブン=夢スタ

今季のFC今治を指揮するリュイス新監督=夢スタ

今季のFC今治を指揮するリュイス新監督=夢スタ

 初のJ3に挑むFC今治は18日、今治市高橋ふれあいの丘のありがとうサービス.夢スタジアムで今季初練習を行った。リュイス新監督の下、選手27人が新シーズンのスタートを切った。

 FC今治は昨季、日本フットボールリーグで3位に入り、悲願のJ3昇格を達成。今季は今治市出身の越智亮介ら5人が新加入した。

 選手はランニングなどで体を温めた後、少ないタッチでのパス回しやミニゲームで体の動きを確かめた。昨季、守備の要として活躍した園田拓也は「やっとシーズンが始まるという新鮮な気持ち。いい準備をして、いい試合をすることが大事になる。優勝してJ2昇格を目指す」。プロ12年目となる越智も「今治でサッカーができてうれしい。持ち味の運動量とパスを生かし、魂のこもったプレーで貢献したい」と意気込みを語った。

 チームは2月9日から宮崎県でのキャンプに臨み、3月8日にホームで開幕戦を迎える。リュイス監督は「目標は多くの勝ち点を取り、上位にいくこと。アウェーでも勝ちきるチームを目指す」とシーズンを見据えていた。

 

【リュイス新監督に聞く 喜んでもらえるゲームを/目の前の勝負にこだわる】

 FC今治初となる外国人指揮官のリュイス新監督(39)に今季への意気込みを聞いた。

 

―初練習を終えての手応えは。

 選手が意識高く取り組んでくれたので、私も日本で最初のトレーニングを高いモチベーションで臨めた。まずは選手が環境に適応すること、技術や戦術よりも互いを知ることにフォーカスした。来週以降、戦術面にも取り組んでいく。

 

―FC今治で目指すサッカーは。

 できるだけ多くのチャンスをつくり、得点を決めたい。ホームではサポーターに喜んでもらえるゲームをし、アウェーでも勝ちきるチームを目指す。選手たちには互いが仲間でありライバルなので、競争意識を持って戦ってほしい。

 クラブが掲げる「岡田メソッド」と、監督自身のサッカーをどう共存させるのか。

 融合させるというよりは、今クラブに足りない部分について自分の経験を選手に伝えて一つのものをつくっていきたい。岡田会長とも互いが補い合って、いいものをつくっていこうと話した。

 

―今季の目標は。

 できるだけ多くの勝ち点を取れば、J2昇格につながる。ただ、長いシーズンなので、昇格という大きな野望を持つことも大事だが、目の前の勝負の結果にもこだわりたい。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。