ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
220日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

山瀬理恵子の行ってこ~わい 愛媛食材で愛あるアス飯

⑥乳製品 牛乳で「サケとエビのまろやかみそ汁」(東温市)

2020年1月18日(土)(愛媛新聞)

 

 

 

 

 

 

 

 2020年初回は初の工場見学。やってきたのは東温市南方の県酪農業協同組合連合会(らくれん)。年始にふさわしい華やかなゲストも来てくれた。サッカー愛媛FCレディース(L)の山城見友希選手(28)と横山亜依選手(26)のミッドフィルダーコンビ。愛媛FCLは19年シーズンのなでしこリーグ2部で初優勝し、20年シーズンから1部に昇格する。「牛乳やヨーグルトが大好き」という女子3人。乳製品ができるまでを学んだ。

 

【牛乳パックの赤青ラインの意味は? 珍回答が飛び出す】

 案内役は工場長の高平秀男さんと次長の永井拓也さん。敷地内にそびえる14本のタンクに一日130トンの生乳が運ばれ、工場で48時間以内に製品になるという。室内に移り、製造ラインを上階の通路からガラス越しに見学することに。

 学校給食でおなじみの200ミリリットル入りパックの製造工程を見ていると、「ここでクイズです。牛乳パックの赤と青のラインは何を表しているでしょう?」と永井さん。すぐに山城選手が「ウシの乳」と一発正解。「では色は?」「血液」とまた当てる山城選手。「ということはつまり?」・・・負けじと山瀬さん、「赤血球!」。珍回答に一同爆笑。正解は「動脈と静脈」。牛乳は血液からできていることを表している。

 

 

【「8020」の意味は? またあの人が爆笑誘う】

 続いてヨーグルトの製造ラインへ。注目は愛媛大と共同研究「エヌプラス ドリンクヨーグルト」。ヨーグルトとミカンの果皮に含まれる成分が花粉症などのアレルギー症状を緩和するという。「8020(はちまるにいまる)ヨーグルト」も広島大との共同研究から生まれた。すると永井さんからクイズ第2弾。「8020の意味は何でしょう」。またまた山城選手が「80歳まで20本の自分の歯を保つ」と即答。山瀬さんは「なんで分かるの? 絶対学んできてるよー」と悔しがる。ちなみに山瀬さんの解答は?「20歳から80歳までの人に食べてほしい、かと思った」とまたも爆笑を誘う。

 ヨーグルトがベルトコンベヤー上を流れる様子に、横山選手は「並んできたら全部かわいい」と胸キュン。特別に発酵前のヨーグルトを試飲できることに。3人は温かい液体を飲み「おいしい、甘い」と驚く。40度の温蔵庫で6時間発酵させ、冷蔵庫で固めれば製品になる。

 

 見学を終え、近くの「さくらの湯観光交流センター」(北方)へ。料理を担当するのは酪農家を代表し集まってくれたJAえひめ女性組織協議会酪農部会長の岡田史恵さん(55)、中谷よしえさん(57)、水口ヒロミさん(69)。作るのは牛乳と生クリームを使った「サケとブロッコリーのクリーム煮」。こちらも抜群のチームワークであっという間に完成した。

 

 

【クリーム煮を和風に けが回復メニュー】

 クリーム煮のアレンジは?「今、(愛媛FCLの)2人はけがしているんです」と山瀬さん。共に前十字靭帯(じんたい)断裂で19年に手術した。そこで今回は「けが回復」をテーマに、みそを使い和風にアレンジするという。実は、「アス飯」は夫の山瀬功治選手のけがの回復食から始まった「原点」なのだ。

 

 

 

 

 アス飯食材は頭付きのエビと麦みそ、昆布だし、すりごま。料理は「そこそこ」(横山選手)、「全然やらない」(山城選手)という2人がアレンジを手伝い、エビの背わたを爪楊枝で器用に取り出す。頭はうま味の宝庫。炒って臭みを取ってから使う。

 

 けがのときは、骨や筋肉の元になるタンパク質やビタミンC、色がはっきりした食材を積極的に取り、脂質の摂取や炭水化物中心の食事を控えるのが重要。複数の食材からタンパク質を取るといいという。「エビは高タンパク低カロリー。甘み成分グリシンは睡眠に効果がありしっかり寝られる」。牛乳はタンパク質とカルシウムが手軽に摂取でき、ビタミンB12の供給源にもなる。

 サケとブロッコリーはけが回復に適した食材。サケの赤色色素、アスタキサンチンは最強の抗酸化物質で、抗炎症作用があるオメガ3系脂肪酸も含まれる。皮ごと使うと、靭帯の元になるコラーゲンを摂取できる。栄養成分が高いブロッコリーは、β―カロテンやビタミンCが多い茎も使う。

 

 

 

 

 脂質を抑えるため生クリームを麦みそに代える。糖質の吸収を抑え「セカンドミール効果」が期待できる。だしに含まれるグルタミン酸は脳を活性化し食後の満腹感を持続させる。顆粒は便利だが「だしを取るようになって塩分を控えられるようになった」と山瀬さん。エビを乾煎り後、だしを入れ、野菜や魚介類、最後にみそを溶き入れる。すりごまを振って出来上がり。

 

 らくれんの中谷哲哉代表理事常務が合流し全員で試食。皆、「味がしっかりしている」「みその風味がいい」と絶賛。山瀬さんは「しっかり食べたいときは洋風、減量中やけがのときは和風と、どちらも試してほしい」と勧めた。

 

 次回は鬼北町に行ってこ~わい!

 

 

【らくれん商品詰め合わせセットを5人にプレゼント!】

 動画を観てクイズに答えよう!正解者の中から抽選で5人にらくれん商品の詰め合わせセットをプレゼント!2月18日締め切り。

※応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。