ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

夢スタに続く聖地へ

FC今治の練習場 人工芝化が完了

2020年1月15日(水)(愛媛新聞)

人工芝の「NPフィールド波止浜」で、FC今治の有間潤選手(右)と触れ合う園児ら=14日、今治市波止浜

人工芝の「NPフィールド波止浜」で、FC今治の有間潤選手(右)と触れ合う園児ら=14日、今治市波止浜

 J3FC今治の波止浜グラウンド(今治市波止浜)の人工芝化が完了し14日、「NPフィールド波止浜」として生まれ変わった。ユースやレディースチームの練習、サッカースクールなどに引き続き活用する。

 クラブによると、グラウンドは約5700平方メートルで地元企業が所有。FC今治が今越FCだった20年前からチームに無償貸与され、かつてはメイン練習場として使用していた。天然芝だったが、天候の影響を受けにくい人工芝への張り替えを昨年10月からクラブが進めていた。

 14日に完成を祝う式典があり、FC今治の矢野将文社長は「今年は小学4年生までのチームを立ち上げ、ユースまでの全カテゴリーでの活動が始まる。夢スタに続く聖地の一つができた」とあいさつした。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。