ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1028日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

贈呈式で受賞者

喜びの声 第68回愛媛新聞賞・第47回愛媛新聞スポーツ賞

2020年1月8日(水)(愛媛新聞)

愛媛新聞賞・愛媛新聞スポーツ賞の受賞者ら=7日午後、松山市のホテル

愛媛新聞賞・愛媛新聞スポーツ賞の受賞者ら=7日午後、松山市のホテル

 愛媛新聞賞と愛媛新聞スポーツ賞が7日、7団体と12個人に贈られた。社会、経済、文化、スポーツの各分野で活躍し、郷土の発展に貢献した受賞者に喜びの声や今後の抱負を聞いた。

 

<愛媛新聞賞>

◆地域おこし後押し◆

 【高山良二さん(NPO法人国際地雷処理・地域復興支援の会理事長)】県人として受賞は光栄。地雷処理とともに地域おこしに取り組むカンボジアは1次産業に素晴らしい産品があり、加工産業を伸ばし世界に流通させたい。愛媛県と現地の州政府が友好交流の覚書を結ぶ。人々の結び付きもお手伝いしていくつもりだ。

 

◆地元貢献続けたい◆

 【一宮捷宏さん(一宮グループ代表)】よそに出ると今まで以上に古里のありがたさが分かる。50歳まで世界各国を飛び回っていたが、愛媛に帰ってきてからは地元貢献を考えてきた。将来的にも県内に本社拠点を置いていく道筋を後輩たちに伝え、私が育った地域の企業としてやっていきたい。

 

◆俳句で世代つなぐ◆

 【坪内稔典さん(俳人・俳句研究者)】僕ら文学の業界では古里で認めてもらうことが一番難しい。そこで賞をもらったことがうれしい。世代間の断裂が大きくなっているが、俳句は世代をつなぐ。老人と孫世代が共に楽しめる句会を各地でやっていきたい。

 

<愛媛新聞スポーツ賞>

◆先輩追いかけ成長◆

 【鮫島浩二監督(松山城南高自転車競技部、自転車の北宅柊麻選手、渡辺諒馬選手の代理)】2018年度の3年生と比べてどうか、という不安を裏切ってくれた。先輩を追いかけることで成長した。下級生の良い見本にもなり、1、2年生も楽しみになった。

 

◆高め合って頑張る◆

 【片上智貴選手(新田高テニス部)】うれしいのと同時に、これからも頑張らないといけないなと、身が引き締まる思い。(ペアを組んで優勝した)丹下颯希選手と互いに高め合っていきたい。

 

◆国体で雪辱できた◆

 【小原佳子選手(アーチェリー少年女子愛媛選抜、松山東雲高)】初出場の岩手国体では2位と悔しい思いをしたが、高校最後の国体でリベンジできた。大学ではナショナルチームに入り、経験を積みたい。

 

◆地道な練習実った◆

 【伊東美咲選手(愛媛大附属高ボート部)】これまでの頑張りがようやく形になってうれしい。こつこつ練習に励んだことで、本番でも力強いこぎができた。受賞をプラスに変えて今後も結果を残す。

 

◆学生と混成楽しむ◆

 【玉木里奈選手(弓道成年女子愛媛選抜)】学生の2人との混成チームはとても楽しく、ポジティブな気持ちで国体に臨むことができた。高校生には一般で競技を続けて、さらなるレベルアップを目指してほしい。

 

◆今後も好成績残す◆

 【桝井光選手(馬術少年団体、新田青雲中教校)】名誉ある賞をいただけてうれしい。愛媛県に貢献できたと思う。ここをゴールにせず、今後も大きな賞をいただけるような成績を残していきたい。

 

◆支えに感謝したい◆

 【阿久根真奈選手(愛媛FCレディース主将)】受賞は非常に光栄。支えてくれた人に感謝したい。2020年シーズンは厳しい戦いになるが、個人もチームもレベルアップして、強い気持ちで挑みたい。

 

◆予想を超える活躍◆

 【松本敬人選手(松山工業高ボクシング部)】自分でもここまで活躍できるとは思っていなかった。受賞してより頑張ろうと思った。進学する大学ではレギュラーになり、チームとして1部昇格を果たすことが目標。

 

◆満足せず春へ準備◆

 【西山未奈美選手(松山大女子駅伝部)】素晴らしい賞をいただけてうれしい。これに満足せず、春から良いスタートが切れるようにしっかり準備して、どの種目でも結果を残せるようにしたい。

 

◆選出は自信になる◆

 【村上裕二郎選手(松山工業高自転車競技部)】昨年は受賞を逃したが、今回選出され、うれしく自信になる。現在は3月の全国高校選抜へ向け、強度の高い練習をしている。次回も選ばれるような活躍をしたい。

 

◆東京五輪を目指す◆

 【崎山雄太選手(陸上成年男子やり投げ、県競技力向上対策本部)】選んでいただき、感謝の気持ちでいっぱい。今年はこの勢いを良い形でつなげて、85メートル越えの記録と五輪出場を目指して練習していきたい。

 

◆東京パラで「金」を◆

 【山口尚秀選手(パラ競泳世界選手権男子100メートル平泳ぎ優勝)】大勢の支えのおかげ。筋力をつければ、もっとタイムを縮められる。東京パラリンピックで記録を更新し、金メダルを取りたい。

 

<来賓氏名(順不同、敬称略)>

 衆議院議員塩崎恭久代理 篠原英二郎▽参議院議員山本順三代理 廣川匡▽県知事 中村時広▽県議会議長 西田洋一▽県教育長 三好伊佐夫▽松山市長 野志克仁▽同市議会副議長 大塚啓史▽伊予市副市長 山先森繁▽県商工会議所連合会会頭・伊予銀行頭取 大塚岩男▽県スポーツ協会常務理事 寺尾和祝▽県スポーツ振興事業団常務理事 佐伯登志男▽県サッカー協会長 豊島吉博▽県農業協同組合中央会参事 岡本明郎▽総務省四国総合通信局長 川村一郎▽日本銀行松山支店長 堂野敦司▽愛媛銀行常務 磯部時夫▽愛媛信用金庫専務理事 八石玉秀▽県信用農業協同組合連合会理事長 井関正志▽県中小企業団体中央会事務局長 桐山卓士▽松山青年会議所理事長 野口和範▽NHK松山拠点放送局長 大美慶昌▽南海放送社長 田中和彦▽テレビ愛媛社長 尾谷牧夫▽あいテレビ社長 左納和宜▽愛媛朝日テレビ常務 中野裕也▽共同通信社松山支局長 今村淳一▽時事通信社松山支局長 金澤幸作▽愛媛大学副学長 仁科弘重▽松山大学常務理事 世良静弘▽松山東雲女子大学長・松山東雲短期大学長 高橋圭三▽聖カタリナ大学副学長 稲田俊治▽県歯科医師会長 是澤惠三▽大王製紙四国支店中四国新聞用紙部長 島田弘一▽伊予鉄グループ常務 大政憲司▽松山三越取締役営業統括部長 亀本裕夫▽伊予鉄髙島屋社長 林巧▽四国電力執行役員愛媛支店長 塩梅和彦▽愛媛新聞販売所協同組合理事長 芳之内栄良▽愛媛春秋会長 高市一弘

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。