愛媛新聞ONLINE

2021
619日()

新聞購読
新規登録
メニュー

第47回愛媛新聞スポーツ賞

国体カヌー成年女子スラローム・カナディアンシングル15ゲート優勝・25ゲート優勝 宇都宮栞選手(21)駿河台大3年

2020年1月1日(水)(愛媛新聞)

茨城国体のカヌー成年女子スラローム・カナディアンシングルで2冠を達成した宇都宮栞選手=2019年10月

茨城国体のカヌー成年女子スラローム・カナディアンシングルで2冠を達成した宇都宮栞選手=2019年10月

 15ゲートと25ゲートの2冠を達成。競技を始めて3年弱で国内の頂点に立った。

 

 「優勝しなければいけなかった大会。もっと力の差を見せたかった」と振り返る。25ゲートでは2位の選手にタイムで約1秒及ばず、ゲート接触によるペナルティーの差で勝利。15ゲートも2本目は1本目よりタイムを落とし、満足できる内容ではなかった。

 

 「増水すると、パドルが川底に届かなかったり、ゲートの高さが変わったりと感覚がまるで違った」

 

 天候などに左右されるカヌーは、経験値がものをいう場面が多い。「まだまだレース経験が足りない」。その分伸びしろも大きく、成長期の真っただ中にいる。

 

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。