ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1019日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

サイドアタック果敢に

全国高校サッカー選手権 今治東 爆発的な攻撃力が武器

2019年12月26日(木)(愛媛新聞)

初出場する今治東イレブン

初出場する今治東イレブン

 

初出場する今治東イレブン

初出場する今治東イレブン

 

 初出場。今治勢としても初となる。

 全員の基礎技術が高く、流れるようにパスをつなぎ、サイドアタッカーが果敢に仕掛けるアグレッシブなスタイルが武器。アンカーを置く4―3―3が基本だが、ダブルボランチや2トップのバリエーションもある。

 県大会4試合で計14得点を挙げた爆発的な攻撃力を支えるのはFW山中。自らの決定力も高いが、抜群のキープ力で時間をつくり、豊富な運動量でスペースを突く高瀬の特長を引き出す。尾上、越智の両翼も推進力がある。前線を操る中盤は、急所に切り込める岡本が軸。けがで県大会を欠場したアンカーの馬場が復帰すれば、安定感はさらに増す。

 最終ラインは主将・大谷を中心に、集中した守備で県大会で3試合を完封。左サイドバックの長井は左足の精度が高く、攻撃への貢献度も高い。

 初戦は3年ぶり12度目の出場となる山形中央(山形)との対戦。県大会で準決勝、決勝の2試合をPK戦で勝ち抜いた粘り強い相手だけに、持ち前の攻撃力で振り切りたい。南宇和、松山工でも全国を経験した谷監督は「監督が選手権を知っていることを強みにしたい。失うものは何もない」と戦いを見据えた。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。