ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
48日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

ソフトテニス高校選抜県予選 

男子 新田2年ぶりV

2019年12月26日(木)(愛媛新聞)

【男子決勝 済美―新田】ボレーを決める新田・小倉(手前)と蔵本ペア=県総合運動公園体育館

【男子決勝 済美―新田】ボレーを決める新田・小倉(手前)と蔵本ペア=県総合運動公園体育館

 ソフトテニスの全国高校選抜大会県予選は25日、県総合運動公園体育館で、県高校新人大会の団体ベスト8が出場して行われ、男子は新田が2年ぶり9度目、女子は聖カタリナ学園が2年連続2度目の優勝を飾った。

 上位2校は来年1月18、19両日に高知市で開催の四国大会に進出。四国の上位3校が全国大会(3月28~30日・愛知県豊田市)の出場権を得る。

 

【躍動 済美に雪辱 新田 1番手 期待に応え】

 男子決勝は済美が2番手、新田が3番手にエースペアを配置。必然的にウエートの高まった1番手で、新田の正岡・中野が躍動し勝利をたぐり寄せた。

 後衛正岡が相手前衛のポジショニングを把握し、狭いコースを果敢に突いた。前衛中野も積極的にボレーに出て加勢。何より2人はポイントを挙げると雄たけびを上げて喜び、先陣としてチームを盛り上げた。

 カウント2―2からの第5、6ゲームを連取し白星を獲得。「チームの勝敗を左右すると意識していた」という正岡は、役割を果たし満足顔。織田監督は「期待以上のプレーをしてくれた」と優勝の立役者をたたえた。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。