ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
930日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

2018年度

介護施設 高齢者虐待 県内7件 養護者の虐待は125件

2019年12月25日(水)(愛媛新聞)

 県は24日、2018年度の高齢者虐待の状況を発表した。養介護施設従事者らによる虐待は、市町への相談・通報が18件(前年度比3件増)で、うち7件(3件増)が虐待と判断された。

 県によると、施設・事業所別では特別養護老人ホーム、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)で2件ずつ発生。介護療養型医療施設、短期入所施設などで1件ずつ発生していた。被害者は7人中6人が女性で、要介護1~5。身体的虐待が中心で、暴力的行為や拘束、世話の放棄などがあった。各市町は事業所に改善計画書提出などを求めた。

 養護者による虐待は、市町への相談・通報が250件(6件減)あり、うち125件(9件増)で虐待の事実が認められた。

 被害は女性が102人と多く、種類別では身体的虐待が92人、心理的虐待が40人、経済的虐待が28人と続いた。虐待した人は息子60人、夫34人、娘19人の順で多かった。各市町は、虐待者からの高齢者の分離、介護サービスの利用支援などを行ったとしている。

    国税調査2020

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。