ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

がん闘病にアシスト

愛媛OV、チャリティーTシャツ販売開始

2019年12月14日(土)(愛媛新聞)

自らがデザインしたチャリティーTシャツをアピールする愛媛OV・タプスコット=9日、伊予市

自らがデザインしたチャリティーTシャツをアピールする愛媛OV・タプスコット=9日、伊予市

【父が療養中のタプスコットがデザイン 売り上げ一部を研究機関に】

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の愛媛オレンジバイキングス(OV)は14日、チャリティーTシャツの販売を始める。11月からスタートしたがん治療研究支援キャンペーン「Together Assist for Fight」の一環。売り上げの一部をがんの治療施設に寄付する。

 キャンペーン発案者でTシャツをデザインしたチェハーレス・タプスコット(29)は「がんとの闘いは孤独を伴う。その闘いをみんなが一緒にアシストすることが大事。多くの人に着てもらい、患者や家族に『一人じゃない』ということを伝えたい」と語る。

 タプスコットの父フローレンスさん(64)は11年ほど前から肺や皮膚にがんを患い、投薬治療や化学療法を続けている。「発症してから、治っては再発する、の繰り返し。そのたびに傷つき、病が父の笑顔を奪っていった」。タプスコットは遠く離れた日本でプレーしながらも、新しい治療法の確立や患者、家族を孤独にさせない取り組みを考えてきた。

 会場販売を始める14、15日のホーム戦にはフローレンスさんも観戦に訪れる予定といい「自分の家族のことだけでなく、みんなをサポートすることを一番喜んでくれるはず」。対戦相手は前季所属した熊本ということもあり、「いいタイミングで始められる。両チームのブースター(ファン)が一緒に病気に立ち向かう姿勢を示せれば、大きな勇気を与えられる」と語った。

 Tシャツはホーム戦の会場や販売サイトを通じて購入できる。1枚2千円。当面はタプスコットの背番号11にちなんだ110枚を用意する。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。