ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
129日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

地元特産の盆栽をテーマ

訪日観光を企画 土居高が全国ダブル入賞

2019年12月13日(金)(愛媛新聞)

二つの全国入賞を獲得した土居高校情報科学部

二つの全国入賞を獲得した土居高校情報科学部

 地元特産の盆栽をテーマにしたインバウンド(訪日外国人客)向けモニターツアーを催行した愛媛県四国中央市の土居高校情報科学部がこのほど、全国二つの賞に入った。部員は「努力の成果が認められ、うれしい」と喜びを語った。

 同部は2018年、赤石五葉松の盆栽を核にした観光プランで「観光甲子園」の訪日部門日本一を獲得。19年10月に旅行会社などとタイアップして実施し、参加した10人全員から「大満足」の評価を得た。

 獲得したのは、高校生ビジネスプラン・グランプリ「ベスト100」(日本政策金融公庫主催)と、「高校生なるほどアイデアコンテスト」(大分大など主催)優秀賞。グランプリは3年連続3度目、アイデアコンテストは2年ぶり2度目の入賞。

 10日、同校でグランプリの表彰状授与式があり、同公庫の山口宏新居浜支店長は「外国人に魅力のある商品が現実に提供できている。これからの活動が楽しみ」と話した。

 ツアー実現のポイントとして、部長の2年佐伯祐哉さん(17)は、プランを日帰りにし安価に設定。英語のチラシ作成なども含めたプロモーション活動などを挙げ「いろいろな方の協力を得たことで開催にこぎつけた。今後は自分たち独自のプランを練っていきたい」と抱負を語った。

    この記事は【E4(いーよん)】を購入、または読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。