ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

滋賀で15日号砲

全国中学駅伝 新居浜西男女で頂点へ

2019年12月12日(木)(愛媛新聞)

前年大会から1分以上の短縮を目指す新居浜西の男子メンバー

前年大会から1分以上の短縮を目指す新居浜西の男子メンバー

3年ぶりの全国大会に挑む新居浜西の女子メンバー

3年ぶりの全国大会に挑む新居浜西の女子メンバー

前年大会から1分以上の短縮を目指す新居浜西の男子メンバー

前年大会から1分以上の短縮を目指す新居浜西の男子メンバー

3年ぶりの全国大会に挑む新居浜西の女子メンバー

3年ぶりの全国大会に挑む新居浜西の女子メンバー

 第27回全国中学校駅伝は15日、滋賀県の希望が丘文化公園(男子6区間18キロ、女子5区間12キロ)で行われる。愛媛からは男女ともに新居浜西が出場。男子は2年連続5度目、女子は3年ぶり4度目の大舞台で、悲願の日本一を目指す。

 

【前年から1分短縮を 男子】

 前年大会を経験した5人が残る。全国の頂点を目標に、高い意識で練習に取り組んできた。

 前回の58分13秒から1分以上の短縮を目指しており、1区で先頭グループにつけられるかが鍵。県予選で1区を走った2年生エース塩崎はスピードが持ち味で、区間賞を獲得した松木も調子を上げている。全国大会3区で9人抜きした田中も頼もしい存在だ。

 紙本主将は「どんな状況でもいつも通りの走りをする」と話している。

 

【県予選で区間賞4人 女子】

 県予選では4人が区間賞を獲得。エース鈴木は長い脚を生かした大きなストライドが武器。池田、中条美は本番に強く、松原は1年生ながら持久力が高い。

 2キロ区間(2~4区)のタイム短縮がポイントとなる。ゴルフ場でのアップダウン対策や滋賀での2度の試走の経験を生かしたい。

 佐薙主将は「仲間同士のつながりの強さが武器。これまでで一番の走りをして、日本一になる」と気持ちを高めていた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。