ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
124日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

柔道マスターズ大会男子代表

影浦(新田高出)らが選出

2019年12月6日(金)(愛媛新聞)

 全日本柔道連盟は5日、東京五輪代表選考会の一つであるマスターズ大会(12~14日・青島=中国)の日本代表を発表し、男子は100キロ超級の原沢久喜(百五銀行)と影浦心(日本中央競馬会、新田高出)、100キロ級のウルフ・アロン、60キロ級の永山竜樹(ともに了徳寺大職)らが選ばれた。90キロ級で2016年リオデジャネイロ五輪覇者のベイカー茉秋(日本中央競馬会)も入った。

 女子は70キロ級で昨年まで2年連続世界一の新井千鶴(三井住友海上)、いずれも世界選手権2位だった78キロ級の浜田尚里(自衛隊)、63キロ級の田代未来、57キロ級の芳田司(ともにコマツ)らを選出。五輪代表を決めた78キロ超級の素根輝(環太平洋大)は出場しない。

 マスターズ大会は五輪と世界選手権に次ぐ格付け。今回は原則として世界ランキング36位以内の選手が出場できる。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。