ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
123日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

西条高

高校生記者 女子ソフトボール 全国選抜で初戦突破目指す

2019年12月4日(水)(愛媛新聞ONLINE)

 

 

 

  西条高校の女子ソフトボール部は、2020年3月下旬に開催される全国選抜大会に出場します。12月4日、5年ぶりに全国の舞台に立つ選手たちの練習の様子や意気込みを、高校生記者4人が取材しました。

 ソフトボール部は県予選決勝で済美に敗れましたが、全国大会が愛媛で行われることから、第2代表決定戦があり、聖カタリナ学園に逆転サヨナラ勝ちしました。劇的勝利に選手や学校関係者は喜びに沸いたそうです。

 1年生12人、2年生9人で構成するチームの特徴は「粘り強さ」。部長を経て監督としてチームを率いる岡野剛士教諭(56)は、強豪の私立高と対抗するために「短時間で効果を上げる練習」を心がけているそうです。さらに、練習だけでなくテスト勉強などでも部員が共に過ごす時間を作るなどしてチームワーク強化を図っています。

 主将の松木香凜さん(17)は「部員は支え合う仲間で、高め合えるライバル」と絆の強さを実感しており、初戦突破を目指して一丸となっています。

 高校生記者は新聞部2人が取材を、写真部2人が写真撮影を担当しました。写真部は使い慣れた自身のカメラを手に、キャッチボール前のアップ練習やミーティングなどグラウンドで部員たちの姿を追いました。21人全員を1枚に収めるため、脚立に上ったり、頭上にカメラを掲げたりとそれぞれ工夫してシャッターを切りました。新聞部は監督と主将にインタビューし、懸命にメモを取りました。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。