ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
128日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

いよぎんビジネスプランコンテスト

がん患者の食事支援 ひびたす(松山)最優秀賞

2019年12月4日(水)(愛媛新聞)

いよぎんビジネスプランコンテストで最優秀賞になり、大塚岩男頭取(左)から賞状と賞金目録を受けた、ひびたすの門間寛修社長=3日午後、松山市南堀端町

いよぎんビジネスプランコンテストで最優秀賞になり、大塚岩男頭取(左)から賞状と賞金目録を受けた、ひびたすの門間寛修社長=3日午後、松山市南堀端町

 第6回「いよぎんビジネスプランコンテスト」の最終プレゼンテーション審査会と表彰式が3日、松山市南堀端町の伊予銀行本店であり、最優秀賞にがん患者らの食事をサポートするプランを提案したウェブマーケティング会社「ひびたす」(松山市、門間寛修社長)が輝いた。

 ひびたすによると、同社は、がん治療に伴う食事の悩み解消につながるレシピ・食事に関する情報をウェブサービスとして提供。今後は、レシピの評価など利用者の経験を共有できる機能や栄養価が分かりやすい機能を追加したり、市販品の情報を掲載したりする予定という。

 門間社長(35)は「手探りで事業を進めてきて、ようやく一つの形になり始めた。自分の描いた世界観をつくれるよう実現へ取り組んでいきたい」と話した。

 コンテストは伊予銀が実施し、60件の応募があった。表彰式で大塚岩男頭取は「日ごろ思っていることの実現を応援させてもらえれば」とあいさつ。表彰を受けたプランは、伊予銀グループが事業化に向けて支援する。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。