ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
118日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

白熱した試合を繰り広げる

小学生ドッジ大会に360人 伊予市

2019年12月3日(火)(愛媛新聞)

白熱した戦いを見せた新玉カップ小学生ドッジボール大会

白熱した戦いを見せた新玉カップ小学生ドッジボール大会

 第12回新玉カップ小学生ドッジボール大会が11月30日、伊予市森の伊予市民体育館であり、県内外の24チーム約360人が白熱した試合を繰り広げた。

 新玉小ドッジボールクラブが主催。互いに技術の向上を目指し、交流を深めてきたチームを招待した。

 チームは小学1~6年生の男女で結成。5分間1セットマッチの予選リーグを勝ち抜いたチームがトーナメントに進み、優勝を目指して争った。

 保護者らの熱い声援が飛び交う中、選手は日々の練習で培った鋭い送球や息の合ったステップを見せていた。

 北吉井ボンバーズの南吉井小6年の男子児童(11)は「けがをしているが、少しでもチームのために頑張りたい」と張り切っていた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。