ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

全身トロ

養殖魚「媛スマ」本格出荷始まる 愛南

2019年11月29日(金)(愛媛新聞)

最終洗浄し続々出荷される媛スマ=29日午前、愛南町鯆越

最終洗浄し続々出荷される媛スマ=29日午前、愛南町鯆越

 愛媛県産養殖魚スマの新ブランド「媛スマ」の本格出荷が29日、愛南町鯆越の愛南漁協深浦本所で始まった。2019年度産は昨年度産の約3~4倍の出荷を予定しており、まずは5月末までに約1万匹の販売を目指すという。

 媛スマは県が今月決めた「全身トロ」の県産完全養殖魚スマの総称。これまでは重さ2.5キロ以上、脂質25%以上などの独自基準で「伊予の媛貴海(ひめたかみ)」をブランド販売していた。基準外もブランド化し他産地と差別化を図る。

 29日はいけすから一本釣りされた121匹、計約250キロの媛スマが東京や大阪などへ出荷された。県内ではイオンなどで取り扱う。養殖する極洋フィードワンマリンの林泰史社長は「ネーミングすることで他県と区別した愛南の海の力を感じてもらえる。脂のノリを感じてほしい」と手応えを示した。

 愛南漁協によると、今回出荷する媛スマは4月中旬にふ化した。もう一春越えると2.5キロを超えてくる。若いほど脂質が多く、試食した職員は「年々味がよくなっており、大トロに近い」と話している。

 6月からはさらに媛貴海と媛スマ計6000匹の出荷を予定している。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。