ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
1127日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

with FC今治

再起を誓う 水谷尚貴

2019年11月29日(金)(愛媛新聞)

トレーニングマッチで、味方にパスを出す水谷尚貴=11日、北条スポーツパーク

トレーニングマッチで、味方にパスを出す水谷尚貴=11日、北条スポーツパーク

 「トライアウトでも何でもやって、サッカーは絶対に続けたいと思っています」。今季終盤に大けがを負い、先ごろ契約満了が発表されたDF水谷尚貴。「小野剛監督のハードな練習が楽しかった」とチームへの感謝を語る。

 FC今治のJ3昇格が決まった翌日だった。愛媛FCとのトレーニングマッチで、右膝前十字靱帯(じんたい)を損傷。ピッチに倒れ込んだ。今季、出場機会をつかめない中で「自分らしさを思い出し、答えが見つかりだしたタイミングだった」と悔やむ。

 当たり負けしない屈強なフィジカルを武器にFC今治に昨季加入し、「これまでやってきたのと全く違うサッカー」への適応に苦労しつつもリーグ戦8試合に出場した。契約更改で「来年は紅白戦すら出られるか分からない」と告げられても「つなぐサッカーの楽しさが分かってきた。もっと成長できる」と残留を決断した。

 「今年は充実した1年で、とにかく毎日サッカーが楽しかった」と水谷。手術からのカムバックには半年以上かかる見通しだが、再起のピッチはきっとあると信じる。

    関連・チーム名鑑

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。