ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
221日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

稽古の成果を披露

味酒少年剣道に500人 松山で錬成大会

2019年11月27日(水)(愛媛新聞)

チームメイトや家族に見守られながら激戦を展開する剣士

チームメイトや家族に見守られながら激戦を展開する剣士

 第52回味酒少年剣道錬成大会が24日、松山市宮西2丁目の味酒小学校体育館であった。市内外の小中学生約500人が出場。気迫を込め竹刀を振り下ろし、日ごろの稽古の成果を披露した。

 青少年の健全育成などを目的に、味酒剣道会と味酒公民館が毎年開催。小学生低学年、高学年、中学生の3部門に分かれ、真剣勝負を繰り広げ、会場には竹刀がぶつかり合う音と家族の声援が響いていた。

 味酒剣道会の河辺徹朗会長は「剣道は生涯スポーツ。選手たちは大会テーマである『友情』を深め、たくましく育ってほしい」と語った。

 

 各部の上位成績チームは次の通り。

 【小学生低学年】

  ①椿剣道会A

  ②久万剣道スポーツ少年団

  ③味酒剣道会

 

 【同高学年】

  ①三津浜剣道会A

  ②久万剣道スポーツ少年団

  ③久枝剣道会

 

 【中学生】

  ①愛媛成武舘A

  ②松風舘

  ③味酒剣道会

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。