ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1213日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

26日午後3時9分ごろ

今治で震度4 瀬戸内海中部を震源

2019年11月27日(水)(愛媛新聞)

 26日午後3時9分ごろ、瀬戸内海中部を震源とする地震があり、今治市で震度4を記録した。松山地方気象台によると、震源の深さは約10キロで、マグニチュード(M)は4・5と推定される。今治市では午前7時58分ごろに震度3、午後3時14分ごろに震度1も観測した。

 震度4の地震に伴ってJR四国は線路を点検。伊予西条―伊予北条間で特急と普通列車、観音寺―松山間で特急の運転を一時見合わせた。川之江―伊予西条間の普通列車は速度を落として運行した。特急・普通列車22本が運休・部分運休したほか、普通列車11本が最大約3時間遅れた。影響した乗客は計約2600人。

 県防災局によると、一時警戒態勢を取って情報収集に当たったが、県内の被害報告はなかった。

 震度4の地震のほかに、瀬戸内海中部を震源とする地震が2回発生。午前7時58分ごろには今治市で震度3。午後3時14分ごろには同市で震度1を観測した。震源の深さとMはそれぞれ約10キロと3・8、約20キロと3・1と推定される。

 

 午後3時9分ごろの震度4地震で、ほかの県内の震度は次の通り。

 震度3=西条市、上島町

 震度2=四国中央市、新居浜市、松山市、内子町

 震度1=東温市、松前町、伊予市、砥部町、久万高原町、大洲市、八幡浜市、伊方町、西予市、宇和島市、松野町、愛南町

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。