ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
125日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

県立高3校目

三間高に来年度から通級指導を導入

2019年11月27日(水)(愛媛新聞)

 県教育委員会は26日、障害のある生徒が通常学級に在籍しながら、障害に応じた特別な指導も受けられる「通級による指導」を、2020年度から三間高校(宇和島市)で導入すると発表した。県立高では18年度の新居浜商業高(新居浜市)、19年度の長浜高(大洲市)に続き3校目。

 三間高の通級指導は、ほか2校と同様に発達障害の生徒が対象。学習や生活の困難を改善・克服できるよう生徒の特性に応じた個別指導を放課後などに行う。特別支援学校での勤務経験を持つ教諭らが担当する。

 県教委によると、通級指導を受けている県内中学生は増加傾向にあり、19年度は397人(前年度比84人増)だった。県教委は三間高での導入により、宇和島市や西予市など一層幅広い地域の生徒のニーズへの対応が可能になると期待している。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。