ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2020
126日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

今後は国の動向など注視へ

英語民間検定導入延期 県立医技大は試験活用せず

2019年11月22日(金)(愛媛新聞)

 大学入学共通テストでの英語民間検定試験の導入延期を受け、県立医療技術大(砥部町高尾田)は21日、2021年度以降の一般選抜と学校推薦型選抜の出願要件として英語の民間検定試験を活用しないと発表した。

 同大は語学力の国際標準規格「CEFR(セファール)」のA1レベル(英検3級~準2級相当)以上に相当する成績を出願要件とする方針だった。

 今後については「民間試験の活用には公平性などの課題が解消される必要がある。国の動向や公立大学協会の対応を注視していく」とした。

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。