ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
127日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

陶芸作品に20年の感謝込め

宇和島の福祉事業所 23、24日に記念アート展

2019年11月22日(金)(愛媛新聞)

和気あいあいと作品作りに励む通所者

和気あいあいと作品作りに励む通所者

20周年記念のアート展来場を呼び掛ける八つ鹿工房の通所者

20周年記念のアート展来場を呼び掛ける八つ鹿工房の通所者

和気あいあいと作品作りに励む通所者

和気あいあいと作品作りに励む通所者

20周年記念のアート展来場を呼び掛ける八つ鹿工房の通所者

20周年記念のアート展来場を呼び掛ける八つ鹿工房の通所者

 多機能型障害福祉サービス事業所「八つ鹿工房」(愛媛県宇和島市)は23、24の両日、同市住吉町1丁目の市総合福祉センターで20周年を記念したアート展を開く。通所者は日ごろの感謝を伝えようと、陶器などの作品作りに精を出している。

 焼き物教室から始まった同工房は、経営主体「八つ鹿会」の社会福祉法人化に合わせ1999年に開設した。陶器の制作・販売事業に力を入れており、毎秋には障害者福祉への理解を深めてもらうために、作品の展示即売会を開催。温かみのある陶器が安く購入できると市民から人気を集めている。

 節目を迎えた今年は「歩み」をテーマに、市内2カ所の事業所に通う計約60人が昨年11月ごろから準備。会場には個性豊かな皿やマグカップなどの食器類のほか、かわいらしい地蔵やカエルの置物など約2000点をそろえる。陶器以外にも、ヒオウギガイのランプシェードや野菜苗生産販売のベルグアース(同市)とコラボしたコケ玉などを展示する。

 アート展は午前9時~午後5時。

    読者会員に登録すると、続きをお読みいただけます。
    続きを読むにはアクリートくらぶにログインしてください。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。