ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1212日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国駅伝

一般女子 独走態勢

2019年11月18日(月)(愛媛新聞)

【一般女子】2年連続7度目の優勝を果たした愛媛のアンカー山中=西条ひうち陸上競技場

【一般女子】2年連続7度目の優勝を果たした愛媛のアンカー山中=西条ひうち陸上競技場

 

 

 四国駅伝大会(四国陸上競技協会、愛媛新聞社など主催)は17日、西条ひうち陸上競技場を中心とした特設コース(男子42・195キロ、女子21・0975キロ)で、高校駅伝県予選の上位による高校男女(男子7区間、女子5区間)と、各県選抜チームが競う一般男女(ともに5区間)を行った。高校男子は松山商(県予選4位)が3年連続4度目の頂点に立ち、各県予選優勝校を除く最上位校として4年連続13度目の全国大会(12月22日・京都市)出場を決めた。

 愛媛勢は、高校女子で八幡浜(県予選1位)が2年連続5度目の優勝を飾った。一般女子も2年連続7度目の優勝を果たし、一般男子は準優勝だった。

 高校男子では今治北(県予選3位)が3位、宇和島東(同2位)は4位。県予選を制して全国大会出場を決めていた新居浜東は8位だった。高校女子では聖カタリナ学園(同2位)は3位、新居浜東(同3位)は5位に入った。

 

【一般女子 独走態勢】

【レース経過】 愛媛は2区でトップに立ち、独走態勢を築いた。

 2位と30秒差の首位でつないだ2区高橋、3区友近の高校生と、実業団ランナーの4区竹内、5区山中がいずれも区間賞をマーク。最後は2位を4分以上引き離す圧勝だった。

 

【実力通り 2位に大差】

 2位に4分以上の差をつける圧勝で連覇を果たした一般女子。高校生と実業団選手の混成チームは中盤以降、実力通りの走りで高校女子を含む全体1位のタイムでゴールした。

 2区高橋(今治北高)の快走で一般の首位に立つと、愛媛の目標は先行する高校3チームに移った。3区友近(松山東高)は高校駅伝県予選に出場できず、久々のレースだったというが「前が見えていたので1位まで出たかった」。強気の走りで2人抜きし、高校女子1位の八幡浜に肉薄した。

 終盤は愛媛銀行の2人が地力を発揮。10月の茨城国体成年女子1500メートルで準優勝した4区竹内が「ラスト勝負に持ち込めば、スピードなら負けない」と最後のトラックで先頭に立つと、アンカー山中もそのまま逃げ切った。

 「高校生の元気さが伝わり、実業団での競り合いとは違う刺激をもらった」と山中。今月末には、来年1月の都道府県対抗女子駅伝の代表選考を兼ねた記録会が控える。連覇と2年連続の区間賞という二つの栄冠を獲得した友近は「代表に選ばれる走りをする」と自信を深めていた。

 

【一般男子準V】

【レース経過】 愛媛は終盤に大学勢が盛り返し2位に上げたが、7年ぶりの優勝には届かなかった。

 2位と3秒差の3位でたすきを受けた4区西野が2位に浮上。アンカーの伊藤も力走したが、及ばなかった。

 

◆まずまずの結果◆

 【一般男子・田村友希主将】(準優勝に)「一人一人がベストの走りで目標タイムを出せたのでまずまずの結果。若手が入り、チームとしても伸びている。来年も切磋琢磨(せっさたくま)し愛媛のレベルを上げていきたい」

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。