ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1210日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

四国駅伝

高校女子 八幡浜5度目の頂点

2019年11月18日(月)(愛媛新聞)

【高校女子】八幡浜の2区・菊池(左)からたすきを受け取りスタートする3区・三好=西条ひうち陸上競技場

【高校女子】八幡浜の2区・菊池(左)からたすきを受け取りスタートする3区・三好=西条ひうち陸上競技場

 

 

 四国駅伝大会(四国陸上競技協会、愛媛新聞社など主催)は17日、西条ひうち陸上競技場を中心とした特設コース(男子42・195キロ、女子21・0975キロ)で、高校駅伝県予選の上位による高校男女(男子7区間、女子5区間)と、各県選抜チームが競う一般男女(ともに5区間)を行った。高校男子は松山商(県予選4位)が3年連続4度目の頂点に立ち、各県予選優勝校を除く最上位校として4年連続13度目の全国大会(12月22日・京都市)出場を決めた。

 愛媛勢は、高校女子で八幡浜(県予選1位)が2年連続5度目の優勝を飾った。一般女子も2年連続7度目の優勝を果たし、一般男子は準優勝だった。

 高校男子では今治北(県予選3位)が3位、宇和島東(同2位)は4位。県予選を制して全国大会出場を決めていた新居浜東は8位だった。高校女子では聖カタリナ学園(同2位)は3位、新居浜東(同3位)は5位に入った。

 

【レース経過】 八幡浜が他の追随を許さなかった。

 1区上田が2位と2秒差のトップでたすきをつなぐと、2区菊池が後続を引き離し21秒差をつけた。3区以降もリードを広げ、アンカー徳山が2位と1分34秒差でゴールした。

 聖カタリナ学園は終始安定した走りで3位。新居浜東は2区一井が区間3位の力走で5位に入った。

 

【八幡浜 流れ最後まで譲らず】

 八幡浜は4区間で区間賞を取る圧倒的な走りを見せ、四国の舞台でも真っ先にゴールテープを切った。

 県予選と同様、序盤でつくった流れを最後まで譲らなかった。1区の1年生上田は、終盤までトップ集団がけん制し合う中、中継点の競技場まで残り数百メートル地点で勝負を懸け先頭に立った。トラックに入り、ペースを上げる後続の気配を感じつつも「無我夢中で走った」と、そのまま菊池へつないだ。

 背後には、2秒差で迫る2位の香川西。いつもは尻上がりにスピードを上げる3年生の菊池も「最初に守りに入ってタイムが遅くなることがあったので、県予選よりも最初の千メートルを速く走った」と積極策へ変更。リラックスした腕振りと足の運びでスピードに乗ると、21秒差にリードを広げ、優勝への道筋を確実にした。

 ベストでなかった3区三好のコンディションが不安要素だったが、「私たちが一秒でも速く走って渡せるように」(菊池)と全員がカバーする意識で臨み、三好も区間1位の走りで応えた。

 13年連続で都大路に出場する八幡浜は26位が最高位。今回はメンバー中3人を占め、「可能性を秘めている」(倉田監督)という1年生に期待が懸かる。菊池主将は「力を出し切り、愛媛勢の最高順位を出したい」と自信をのぞかせた。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。