ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
126日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

Eのさかな

陸上育ちで海を知らないヒラメ

2019年11月18日(月)(その他)

ヒラメの陸上養殖施設(愛媛県水産課提供)

ヒラメの陸上養殖施設(愛媛県水産課提供)

海面での生簀養殖(愛媛県水産研究センター提供)

海面での生簀養殖(愛媛県水産研究センター提供)

ヒラメの陸上養殖施設(愛媛県水産課提供)

ヒラメの陸上養殖施設(愛媛県水産課提供)

海面での生簀養殖(愛媛県水産研究センター提供)

海面での生簀養殖(愛媛県水産研究センター提供)

 「Eのさかな」は愛媛県の魚を中心に食・自然・観光などの文化を全国に紹介していきます。

 

 愛媛県における養殖ヒラメの生産量は全国第3位の300トン(平成29年)で、県内には14の経営体があり、宇和海沿岸の西予市と宇和島市が産地で、両市の生産は264トンをあげ県内生産の9割を占めています。ほとんどの養殖が陸上養殖で、宇和海での海面養殖は1経営体だけだそうです。

 ヒラメの養殖はハマチやマダイのように海面に浮かんだ生簀での養殖ではなく、沿岸にある陸上水槽に海から汲み上げた海水を注ぎ養殖を行なっています。また、養殖用の稚魚は、種苗生産業者が陸上の水槽で養成したヒラメの親魚から採った卵を人工的に生産したもので、8cm前後まで育てて、養殖業者の水槽に移送し養殖します。

 ヒラメは海産魚ですが、養殖ヒラメの一生は、海を見ることもなく、海で泳ぐこともなく、陸上の水槽の中で育てられた魚なのです。

 

 「Eのさかな」は「さかな文化」を代表とする愛媛の食・暮らし・自然・文化などを取り上げ、分かりやすく情報を発信するフリーペーパーです。(提供:Eのさかな/佐川印刷)

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。