ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1215日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

選手権大会に336人

空手42流派 攻防白熱 松山

2019年11月16日(土)(愛媛新聞)

磨いた技を繰り出して白熱した攻防を展開する選手

磨いた技を繰り出して白熱した攻防を展開する選手

 空手の選手が流派を超えて出場する「第7回オープントーナメント県空手道選手権大会」が松山市市坪西町の県武道館であり、11都府県42流派の336人が鍛錬の成果を発揮して熱く激しい戦いを繰り広げた。

 地域や世代を超えて交流を深めようと、国際空手道連盟極真会館愛媛県戸田道場が毎年開催している。

 今回は10日に行われ、年齢、学年、体重、男女など30階級で試合を実施。選手は突きや蹴りを果敢に繰り出し、白熱した攻防を展開した。制限時間内に勝負が決まらず、延長戦までもつれた試合もあり、仲間や保護者らが「下がるな」「もう一発」と盛んに声援を送っていた。

 小学3年生男子初級の部で優勝した同市湯山小3年の和気鷲也君(9)=悠心道場=は「普段は蹴りが得意だけど今日はパンチ(突き技)が良かった。今度は上級に出て勝ちたい」と喜んでいた。

 高校生までの優勝、準優勝者は来年6月に大阪である全日本少年少女空手道選手権大会に出場する。

 

 そのほかの各階級の優勝は次の皆さん。

 幼年 藤田湊翔▽小学1年女子 清水ひなの▽同男子 今西応介▽2年男女 大嶋恵輔▽3年女子 石岡優音▽同男子上級 神田悠駿▽4年女子 加藤瑞葵▽同男子初級 西岡風輝▽同上級 大嶋隆太郎▽5年女子 小倉美月▽同男子初級 又野時斗▽同上級 北光希▽6年女子 児島凪咲▽同男子初級 塩崎新史▽同上級軽量級 樋口煌雅▽同上級重量級 越智龍▽中学女子 北彩花▽中学1年男子軽量級 西山隆賢▽同重量級 三木翔斗▽中学2・3年男子軽量級 徳井隆太▽同重量級 赤沢優芽▽高校女子 渡部はるあ▽同男子軽量級 山岡莉久▽壮年 東坂謙次郎▽一般女子 国本明佳▽一般男子初級 酒井陸斗▽同上級軽中量級 杉森泰斗▽同上級重量級 増山隆太

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。