ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
127日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

初の都大路 力走誓う

新居浜東高男子駅伝部員 市長に出場報告

2019年11月16日(土)(愛媛新聞)

初の全国大会に挑む新居浜東高の男子駅伝部

初の全国大会に挑む新居浜東高の男子駅伝部

 第70回男子全国高校駅伝県予選で初優勝し、12月22日に京都市で開かれる全国大会に初めて挑む新居浜東高校(新居浜市東雲町2丁目)の陸上競技部男子駅伝部員17人が13日、市役所を訪れ都大路での力走を誓った。

 部員や白方順監督は、県高校新記録となる2時間7分29秒で頂点に輝いた県予選の結果を報告し、石川勝行市長に全国大会への抱負を語った。2年の原秀寿主将(16)は「目標は愛媛勢過去最高の15位以内。お世話になった人に結果で恩返しする」と決意を新たにした。

 地域の支援を受けて取り組む独自の練習も紹介した。学校近くのジムでの体幹トレーニングや起伏の激しいゴルフ場での脚力強化などが全国切符につながったと話した。石川市長は「体調万全で臨み、思いっきり戦ってほしい」と激励した。

 県予選で同部は、7区間で上位に離されずに序盤をしのぎ切り、4区以降で巻き返すプラン通りに展開した。7人中3人が区間1位の記録だった。

 17日には西条市である四国大会にも出場する。

    関連・チーム名鑑

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。