ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1210日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

14日

県立中央病院で脳死腎移植実施

2019年11月15日(金)(愛媛新聞)

 県立中央病院(松山市)は14日、臓器移植法に基づき広島県の病院で脳死と判定された20代女性から摘出した腎臓を、慢性糸球体腎炎の60代女性に移植した。県立中央病院によると、手術は問題なく終了したという。

 移植手術は泌尿器科などの医師4人が実施した。午前11時20分に腎臓が到着、午後0時半に手術を開始し、同6時25分に終了した。

 日本臓器移植ネットワークによると、ドナー(臓器提供者)の原疾患は低酸素脳症で、12日午後10時50分に脳死と判定された。女性は書面による臓器提供の意思表示をしていなかったが、家族が承諾した。

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    愛媛の主要ニュース

    トップ10ニュース

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。