ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1213日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

787人が参加

自然豊かな半島駆ける 佐田岬マラソン開催

2019年11月15日(金)(愛媛新聞)

自然豊かな佐田岬半島を駆け抜ける出場者

自然豊かな佐田岬半島を駆け抜ける出場者

 海と山に囲まれた半島を走る「佐田岬マラソン2019」(実行委員会主催)が10日、伊方町瀬戸地域であり、県内外の787人がアップダウンの多い自然豊かなコースを駆け抜けた。

 ハーフ(21・097キロ)、クオーター(10・548キロ)、デシ(4・219キロ)の3部門で行った。出場者は瀬戸内海に面した三机地区をスタートし、尾根を越えて折り返し地点のある宇和海側へ。汗ばむ陽気に体力を奪われながらも、目の前に広がる海の景色を楽しみながらゴールを目指した。

 今年もゲストランナーとして元女子マラソン五輪代表の土佐礼子さんが参加し、レースを盛り上げた。

 

 各部門の優勝は次の皆さん。

【ハーフ】

▽男子55歳以上 伊与田聖司(松山市)

▽同35~54歳 薬師寺裕人(宇和島市)

▽同34歳以下 小野剛志(伊予市)

▽女子40歳以上 石河智子(松山市)

▽同39歳以下 宇都宮すみ(松前町)

 

【クオーター】

▽男子40歳以上 矢野吉男(伊方町)

▽同39歳以下 大竹宏和(西予市)

▽女子40歳以上 大西恵美子(松山市)

▽同39歳以下 渡辺顕聖(高知県)

 

【デシ】

▽男子高校生以上 高橋駿介(松山市)

▽同中学生 菊池大雅(西予市)

▽同小学生 渡辺瑛智(高知県)

▽女子高校生以上 三浦朋子(松山市)

▽同中学生 樋口澪唯(同)

▽同小学生 桐内結愛(同)

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。