ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1212日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

FC今治 就任5年目

岡田オーナー「昇格は通過点」

2019年11月12日(火)(愛媛新聞)

J3昇格を確実にし、今後のチームづくりなどの展望を語るFC今治・岡田オーナー=10日、夢スタ

J3昇格を確実にし、今後のチームづくりなどの展望を語るFC今治・岡田オーナー=10日、夢スタ

 来季のJ参入を確実にしたFC今治。就任5年目の岡田オーナーに、これまでの戦いぶりや来シーズンの展望を聞いた。

 

 ―J3昇格が確実になった今の気持ちは。

 ほっとしたというのが一番。他チームがここ2、3試合転んでくれたので、この流れはいけるなという感触があった。昇格はあくまで通過点。われわれはしっかりと本当の目標を見つめないといけない。

 

 ―当初の目標より昇格まで時間がかかった。

 想定よりも1年遅れている。現実はそんなに簡単じゃないと、いろんな壁にぶつかっている。経営の上でも、これからスポンサー規模を大きくしたり、それ以外の事業収入を得たりしていかないといけない。全ての意味で予想より現実は遅れているけれど、われわれにとってはものすごく貴重な、力をつけるための5年だった。

 

 ―来季への抱負を。

 来年、J3で優勝しても、スタジアムがないのでJ2には昇格できない。まずは1年、しっかりとその先のためのチームづくりをしていってもらう。運営側も新スタジアムの準備や岡田メソッドの事業化など、やることは山ほどある。今からスタートするぐらいのつもりでいる。

    キーワードで関連記事を検索できます

    おすすめ記事

    <プレスリリース>一覧

    スポーツ最新ニュース

    トップ10ニュース(国内・海外)

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。