ログイン
Myページ
Myページ

愛媛新聞ONLINE

2019
1213日()

ログイン
Myページ
愛顔会員Myページ
MENU

発信!新田高校生記者

課題研究発表会 独自テーマ 発想養う

2019年11月10日(日)(愛媛新聞)

 

 

研究結果を発表する新田高校の3年理系選抜クラスの生徒

研究結果を発表する新田高校の3年理系選抜クラスの生徒

研究結果を発表する新田高校の3年理系選抜クラスの生徒

研究結果を発表する新田高校の3年理系選抜クラスの生徒

 新田高校の3年理系選抜クラスの生徒39人が、生物や物理など関心のあることをテーマに課題研究に取り組み9月20日、同校の体育館で、まとめた成果を発表した。会場では他の5クラスの生徒も合わせ、約220人が耳を傾け、オリジナリティーに富んだ活動を参考にした。

 課題研究は独自の発想力などを高めることを目的に、8グループに分かれて1学期の放課後や夏休み中に実施。テーマは「炎色反応」や「ヒトの味覚」などで、1グループ7分(発表5分、質疑応答2分)の持ち時間で行った。

 「ヒトの味覚」について調べたグループは、基本五味と辛さの計6種類の味のサンプルを味と濃度別に作った。その上で、どの味が最も感じやすいかを実験、考察。結果をスライドでグラフや画像を用いて発表した。

 リーダーの櫛部晃希さん(17)は「質疑応答の際、ハプニングに動揺して言葉が詰まったのが反省材料」と総括。発表を聞いた鈴木照太郎さん(18)は「スライド自体の完成度は高かった。ただ、言葉とずれているところが残念だった」と感想を述べた。

 

 

【目線】

【放送部】

 どのグループの発表も論理的で勉強になった。工夫を凝らしたスライドからは、研究内容を伝えようとする意思が感じられた。自分で考える力が養われて、貴重な体験ができた。

……………………………

 タイトルカットは松山南高砥部分校デザイン科制作。高校生記者の活動は愛顔(えがお)スポーツ応援アプリ(愛媛新聞ONLINEアプリ)で随時更新。

    おすすめ記事

    愛媛の情報なら、愛媛新聞のアプリ。

    欲しい情報をいつでもあなたにお届け!プッシュ通知機能も充実。